まるで神話の世界?出雲大社を筆頭に旅行しておきたい島根県の魅力とは

まずは出雲大社から行ってみよう

島根県にも様々な魅力がありますが、なんといってもその筆頭は出雲大社でしょう。神々の集まる地としても知られる島根県において最も知られている古社であり、縁結びの地としても有名です。1744年から出雲に有り続けた出雲大社は、例え縁結びが目的でなくても神聖な雰囲気を醸し出しており、家族連れでも個人旅行でも楽しめる鉄板の旅行スポットとなっています。また、人気スポットではあるものの、平日に向かえばそれほど混雑することもなく参拝できる可能性が高くアクセスも良好です。電車でも車でも向かいやすい位置にあるので、どの交通手段で島根県を訪れても足を運びやすい観光地となっているのです。

東端から西端まで制覇しよう

島根県は横に伸びている県でもあるので、松江や出雲といった東端から西端にかけて移動することで余すことなく島根県の魅力を堪能できるはずです。東には先ほど紹介した出雲大社を始め、松江城や宍道湖など有名な観光スポットが存在します。また、太田市には世界遺産として評価されている石見銀山もあり、実際に坑道内を見学することもできます。当時の知識を少し仕入れてから訪れることでより感慨深い時間になることでしょう。西端には山陰の小京都と呼ばれている津和野町もあります。物語の舞台になることもありますし、町全体を通してレトロな雰囲気が残っている津和野町は散策しているだけで存分に観光気分を味わえるでしょう。また、SLも残されているため、SL好きにも堪らないスポットとなっています。

フライアゴーについて

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です