国内旅行で一度は訪れておくべき!美しい日本三景

宮城県にある松島を中心とした島々

日本三景の一つとしてまず挙げられるのが、宮城県にある松島です。この松島は、いくつもの島が点在しており、それぞれの島によってそこから見える景色に個性があるのが特徴となっています。その見晴らしの良い場所は、松島四大観という名称で知られており、島々の隙間から覗く海の景色や太陽光に照らされた水面などが美しく映ります。

松島には自然がそのまま残されているのも良いところであり、人工的に作られた展望場などはありません。ですが松島城の天守閣まで登れば、そこから松島の景色が一望できるため、その天守閣が一種の展望場として活用されています。

京都にある自然の芸術である天橋立

京都には歴史のある寺院などの建築物だけではなく、天橋立という自然が作った芸術作品があります。この天橋立も、日本三景の一つとして親しまれており、国内の旅行者はもちろん、海外の人にも人気が高い観光スポットとなっています。天橋立は徐々に砂が蓄積されることによって、細い道のように見えるのが特徴です。日本神話の中でイザナギとイザナミが国生みの際に立った天の浮き橋が、天橋立のことであるという伝説もあるので、神秘性を感じられるスポットでもあると言えるでしょう。

広島県のグルメと景色を堪能できる宮島

最後の日本三景としてご紹介するのが、広島県にある宮島です。宮島には、格式高い神社である厳島神社があり、海の中にそびえ立つ鳥居を楽しむことができます。潮の満ち引きの時間帯によっては、鳥居まで歩いて行くという素晴らしい体験ができることもあります。

それに宮島は牡蠣の養殖が盛んであることから、広島名産の牡蠣料理をたらふく堪能できます。さらにもみじ饅頭も食べられるので、景色だけではなく広島県のグルメも十分に楽しめる観光スポットです。

フライアゴーについて

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です