子どもから大人まで楽しめるハウステンボスへの旅

長崎県佐世保にあるハウステンボス

家族で九州へ旅行に遊びに行くときは、ハウステンボスが真先に思い浮かぶかもしれません。誰もが聞いたことある有名な観光スポットですよね。ここでは、ハウステンボスの魅力やアクセスについてご紹介します!どんな見どころがある場所なのか知らないという人は、ぜひ参考にしてくださいね。

ハウステンボスってどんなところ?

ハウステンボスは、1992年に開業した人気のテーマパークで、日本最大級の敷地面積があります。長崎県佐世保市の大村湾の北端にあり、運河に沿ってさまざまなエリアに分かれています。宮殿や建物など、オランダの町並みを忠実に再現しているのが特徴です。施設内には四季折々の多彩な花々が広大な敷地に咲き誇り、景観が綺麗なテーマパークです。春にはチューリップ祭やバラ祭があり、夏は花火大会が催され、冬はイルミネーションが輝かしく、見応えのあるイベントが年間を通して行われています。

ヨーロッパの風景を船に乗りながら眺められるゴンドラ遊覧や、ロボット操作ができる乗り物、VRコンテンツを楽しめるアミューズメント、迷路を楽しめるアトラクションなど、子どもと一緒に楽しめる施設があります。また、世界の食が堪能できるレストラン街や美術館も所在する、一日楽しめる場所です。

交通アクセスは最寄り駅がJR大村線ハウステンボス駅で、下車徒歩5分で到着できます。最寄り駅から博多駅までは特急ハウステンボスで1時間45分ほど、長崎駅からは快速シーサイドライナーで1時間30分ほどです。

フライアゴーについて

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です